人気ブログランキング |

金曜日のシンデレラ

funchan.exblog.jp

老後はゆったりの夢が・・

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タ~リン入院

40代から糖尿病
母親と4人兄弟全員糖尿病
長男と弟は合併症で死亡

なのにタ~リン
過去3回糖尿で入院し退院後(最後は10年前)は
運動しない・タバコ1日4箱(還暦後は3箱)
食事制限しない
(当初はカロリー計算して食事作っていたのですが
 文句は言うわ、夜中の間食で
 私も堪忍袋の緒が切れ放置)

退職後さえ時間はたっぷりあるのに
運動しないで1日中TVの前
数ヶ月前から100m歩くのでさえ青息吐息
そしてめまい
6月中旬には目が見えない
言い始めびっくり!
数分で回復したと言うものの本当のところは疑わしい・・
そして1週間前
足の指2本黒く変色

壊疽に違いないと私が言うと
主人は違うと言いはる。
ネットで壊疽の初期症状の画像をゲット
印刷したものを見せたらやっと納得。
数日後やっと病院へ行く決心がついた模様。

一つ先の駅そばにある総合病院への地図渡した。
壊疽として外科へ行けばいいのか
糖尿として糖尿内科へ行けばいいのか
確認のため病院へ電話した。
ここまでのレールを引いてやらないと
動かない人なんです。

一人で行けばいいものを
26日行く寸前に「行くぞ
一緒に来いというわけです。

まずは外科で壊疽の処置
頼りなさそうな若い医者だったらしく
生老病死を講釈したという。
糖尿の知識が浅い外科医だったと
医者の鼻をあかしたのがうれしそう。020.gif

ア~これが我が夫とは情けなや・・020.gif

糖尿内科は久留米医大から見えた20代の女医さんで
受け答えもはっきりして好感を得たらしい。

そして今日
タ~リンは自分の車で行き
医大の駐車場に退院するまで置くという。
入院患者が駐車するってそれは無理じゃない?
有料なんだから時間で料金発生するんじゃない?


タ~リンは
送っていくよと息子から言い出して欲しかったもよう。
028.gif小雨や強風、65歳からの介護保険の支払い手続き
そんな時でさえ主人は私を乗せてってくれないのに
自分の時には相手から送っていくよと
言い出さないのは薄情だって~
どの口が言うんだろうね~
へそが茶を沸かすよ

医大の前で降ろされた。
てっきり帰りも乗せてってくれるものと思っていたから
靴じゃなくってつっかけだったのに・・
主人は降ろされたことにもブウたら・・

028.gifいいじゃないの相手にその気がないのなら
多くを望まなければ済むことなんだし・・

そして入院受付へ
受付で「紹介状をお持ちですか?
これにカチン。
神○病院で診察した医者が紹介し
医大の病棟医長から連絡あったから来たんだ。
紹介状は持ってない。
医者や医長との連絡は受付では出来てないのか
033.gif]と
食ってかかる。
同意書渡されても
死んでも文句を言うなという同意書ですか?
わかりやすく説明して欲しい
と言う。
説明担当と変わり説明受けるものの
モルモットにされるということか?
同意しなかったら入院させないということか?
033.gif
028.gifア~まただよ・・
タ~リンのそばにいるだけでも不愉快で恥ずかしい

内科外来受付に資料提出する際も
今日入院すると言わないから
外来と受付は思い話が噛み合わないので
主人はまたしてもカチン。
総合受付から連絡は来ていないのか!エトセトラ・・
033.gif
慌てて受付に行き
今日入院するのでここで資料提出するように
言われたんです
と補助しやっと病棟へ・・
028.gif疲れる男だ・・
病室で荷物を解き
①浴室の前に行き
 お風呂を使う場合は予約欄の時間帯に記入すること
②お茶は所定の場所まで連れて行き
 急須か湯呑か白湯のスイッチを押すこと
③TVはカードを購入場所まで連れて行く。
だってカード購入して差し込まなきゃいけないのに
リモコン押して「やっぱり見られん」なんていうんです。
バッカじゃなかろうか・・

朝から主人の嫌いな面を何度も見せつけられ
いささかうんざり・・
説明終えたらサッサと病院出ました。
a0082884_21464945.jpg

ア~これから期間限定の
ミザルキカザルイワザルの毎日が続きます。
広げるだけの羽広げますよ~

a0082884_2147812.jpg

a0082884_21472667.jpg

by dejiburasime | 2014-06-30 21:39 | | Comments(2)

壊疽

数日前
タ~リンが左脚を見せ
久しぶりに昼風呂へ入ってみたら
足の指先が2本黒くなってた。
皮をむいたらボロっと剥けてこんなになってると言って見せた。
神経障害の進行が進み壊疽になってる。

疲れやすいのも腎臓が弱っている証拠。
病院へ行けばいいものを
病院へ行くにも金がいる。
金もないから入院もできない
と自分勝手な言い訳。
糖尿なんだからタバコやめるか制限するかして
健康管理すればいいものを
タバコは1日3箱、運動はしない
人には厳しく自分に甘い性格

自転車も3日坊主で2回乗ったっきり。
ベランダに空気抜けたまま3年放置
そうなるとわかってたから買わずにいたら
津福の主人名義の家の取り分50万から買った。
もったいないと思ったけど本人のお金だから口出ししなかった。
あの50万も1年でパチンコに消えてしまったけど・・

そうし今
エソ放置していたらいつかは切断じゃなかと?
早めに治療しないと車乗れないよ?
パチンコ行かれんごとなるとやなかと?

入院したっちゃ医者の鼻を明かそうくらいしか思わん男やけん
病院も扱いにくい患者になるとやろね・・
一つ先の病院は外科内科糖尿内科あるから
そこへ行けばいいとに・・
ばってん、透析の可能性もあるから
そしたら古賀病院21?
大病院は予約せんといかんし
タ~リン向きじゃなかもんね・・

どっちにしろこのままちいうわけにもいかんめ~
散々コケにされた男の介護なんちゃす~ごつもなか!
年金意外なんのとりえもない
しょぼくれた男、自分の姿見えんとやろか?
あげな男が主人かと思うと情けんなか~

主人が先に逝けば私は主人から解放される
私が先に逝っても解放される。
私は明日逝ってもいいですよ。
思いやり・労りのない男との生活なんか
もう1日もいらない。
by dejiburasime | 2014-06-22 18:31 | つれづれ | Comments(0)

花菖蒲

日曜に渡した今月分のおこずかい
日曜はパチンコで勝ったらしく
今日も案の定タ~リンは出かけた。

シメシメ
鬼の居ぬ間に文化センターの花菖蒲撮影に行ける
出かける前に2日分の買い物
予定よりひと電車早いのに乗りたいがため
買い物時間短縮作戦
まずは自宅を9時55分に出、
往復ペダルこぎっぱなし
買い物はメモった以外は目もくれず
10時50分着
結果はたった5分短縮しただけ・・

電車で20分(帰りは30分)
駅そばのデパートでランチ
11時半ならまだ混んでないだろうと
花菖蒲撮影前に出かけた「菜花」
満席!!20分待ちでやっと窓際の席に。
ラッキーなことに今回は相席じゃなかった。
a0082884_18295849.jpg

いつもの「和の膳」
体に優しいおかずばっかり
a0082884_1829982.jpg

a0082884_18292440.jpg


味も優しいわ~
こういうもの食べてたら人を傷つけるような事件も
少なくなるんじゃないのかしら・・

主人と二人暮らしの頃は
この盛り付け方を参考にしていたのに・・

黒米ごはんおかわりしたいくらい美味しかった
ゴーヤ以外は全て食べましたよ。

大根と人参のぬた?
切干だいこんと人参を煮たんと違うの?

ごぼうと牛肉のしぐれ煮?
てっきり薄味のきんぴらかと思ってた。
私の舌も老齢化したのかしら??

12時半石橋文化センターへ。
文化センターは月曜は休館日
ですが園内は解放されています。
普段より人は少なくて私向きです。
a0082884_18303233.jpg

花菖蒲7分咲き
ですが花が終わったあとの花がらがくっついたままなので
見た目が汚い・・
ごちゃごちゃと咲いてるようで
万年初心者の私には難しい素材です。
汚いものは見たくない私
花菖蒲よりも3分ざきの紫陽花の方に目がいきます。
もう来年は来なくてもいいかな?
a0082884_18314092.jpg

a0082884_1832313.jpg

a0082884_1836118.jpg


アジサイのガクの中央
夕日を浴びたような色合いにしばしうっとり。
a0082884_18324926.jpg

a0082884_1835426.jpg



ホームで目にしたウェーディングホールの看板
スクラップブックに見えてきた。
a0082884_18365621.jpg


最近スクラップブッキングにはまり
次回孫たちと出かけた時の分を作ろうと早めの準備に
今日もセリアで買い物
a0082884_18375735.jpg

by dejiburasime | 2014-06-09 18:24 | 花菖蒲 | Comments(2)

5月の読書量

2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:27冊
読んだページ数:7147ページ
ナイス数:3ナイス

朧月市役所妖怪課  河童コロッケ (角川文庫)朧月市役所妖怪課 河童コロッケ (角川文庫)
読了日:5月31日 著者:青柳碧人
猫の縁談 (中公文庫)猫の縁談 (中公文庫)
読了日:5月29日 著者:出久根達郎
江戸の都市プランナー江戸の都市プランナー
読了日:5月28日 著者:小林信也
夢の女 (岩波文庫)夢の女 (岩波文庫)
読了日:5月28日 著者:永井荷風
風景写真フレーミングの決定―視点を変えると写真も変わる! (Gakken Camera Mook)風景写真フレーミングの決定―視点を変えると写真も変わる! (Gakken Camera Mook)
読了日:5月27日 著者:山口高志
花鳥の夢花鳥の夢
読了日:5月26日 著者:山本兼一
読売屋用心棒 (祥伝社文庫)読売屋用心棒 (祥伝社文庫)
読了日:5月25日 著者:芦川淳一
東雲(しののめ)の途(みち)東雲(しののめ)の途(みち)
読了日:5月24日 著者:あさのあつこ
木練柿 (光文社時代小説文庫)木練柿 (光文社時代小説文庫)
読了日:5月22日 著者:あさのあつこ
夜叉桜夜叉桜
読了日:5月21日 著者:あさのあつこ
弥勒の月 (文芸)弥勒の月 (文芸)
読了日:5月20日 著者:あさのあつこ
大江戸「町」物語 風 (宝島社文庫 「この時代小説がすごい!」シリーズ)大江戸「町」物語 風 (宝島社文庫 「この時代小説がすごい!」シリーズ)
読了日:5月19日 著者:和田はつ子,千野隆司,高橋由太,中谷航太郎
かりんとう侍かりんとう侍
読了日:5月16日 著者:中島要
花時間 2014年 春号 [雑誌]花時間 2014年 春号 [雑誌]
読了日:5月16日 著者:
魔狼、月に吠える―大江戸妖怪かわら版〈6〉 (大江戸妖怪かわら版 6)魔狼、月に吠える―大江戸妖怪かわら版〈6〉 (大江戸妖怪かわら版 6)
読了日:5月15日 著者:香月日輪
雀、大浪花に行く―大江戸妖怪かわら版〈5〉 (大江戸妖怪かわら版 5)雀、大浪花に行く―大江戸妖怪かわら版〈5〉 (大江戸妖怪かわら版 5)
読了日:5月15日 著者:香月日輪
秋山久蔵御用控 花飾り (文春文庫)秋山久蔵御用控 花飾り (文春文庫)
読了日:5月15日 著者:藤井邦夫
天空の竜宮城 (大江戸妖怪かわら版 4)天空の竜宮城 (大江戸妖怪かわら版 4)
読了日:5月14日 著者:香月日輪
大江戸妖怪かわら版3 封印の娘 (講談社文庫)大江戸妖怪かわら版3 封印の娘 (講談社文庫)
読了日:5月13日 著者:香月日輪
ネコを撮る (朝日新書 33)ネコを撮る (朝日新書 33)
読了日:5月13日 著者:岩合光昭
異界から落ち来る者あり〈下〉 (大江戸妖怪かわら版 (2))異界から落ち来る者あり〈下〉 (大江戸妖怪かわら版 (2))
読了日:5月12日 著者:香月日輪
異界から落ち来る者あり〈上〉 (大江戸妖怪かわら版 (1))異界から落ち来る者あり〈上〉 (大江戸妖怪かわら版 (1))
読了日:5月11日 著者:香月日輪
夢行脚 俳人・諸九の恋 (2011-09-25T00:00:00.000)夢行脚 俳人・諸九の恋 (2011-09-25T00:00:00.000)
読了日:5月9日 著者:浮穴みみ
どぜう屋助七どぜう屋助七
読了日:5月8日 著者:河治和香
花見弁当 (ハルキ文庫 わ 1-26)花見弁当 (ハルキ文庫 わ 1-26)
読了日:5月7日 著者:和田はつ子
紋ちらしのお玉 (角川文庫)紋ちらしのお玉 (角川文庫)
読了日:5月3日 著者:河治和香
鍼師おしゃあ: 幕末海軍史逸聞 (小学館文庫)鍼師おしゃあ: 幕末海軍史逸聞 (小学館文庫)
読了日:5月3日 著者:河治和香

読書メーター

by dejiburasime | 2014-06-09 07:54 | 読書 | Comments(0)
歌川国芳 猫づくし 風野真知雄著
a0082884_19541382.jpg


まずはカバーに書かれた猫を見て
グフッ!
あの猫きっとオスだわ!
それもおっさん猫!
可愛いとはお世辞でも思えないほどの。


でもこの猫は
気持ちが落ち込んでいる時なんかに
そう落ち込むなって!
 いい時もありゃ悪い時もあるわさ・・

そんな慰め方をしてくれそう。
ふてぶてしい面構えしているけど
ペットじゃなくって話し相手になってくれそうだと思いませんか?

猫絡みの7篇の目次に
「金魚の船頭さん」
金魚を擬人化した浮世絵で
尻尾を尻はしょりにした金魚2匹の中に
「とりいのばか」と隠し文字があるというんです。
風野真知雄さんの本では・・
でも興味沸きました。

歌川国芳 金魚づくし いかだのりをネットで探し
浮世絵と絵葉書分をゲット
a0082884_1956548.jpg


浮世絵の方を見ると
と・い・の
もしかしたらこの3文字は
それらしいものを見つけた気がします。
あと3文字もしみつけられたら・・・
クックック・・
たとえこの隠し文字が架空のものだったとしても
想像するだけでも楽しいじゃないですか~

「信ずる者は救われる」

こういう本の楽しみ方もしています。
by dejiburasime | 2014-06-05 19:57 | 読書 | Comments(2)